FXの二つある為替レート

FX取引はとっても楽しいものがたくさんあるようになっています。そのFX取引なのですが、しっかりと稼げるような仕組みがしっかりとありますので、そういったものを生かすことができると大きなもうけも期待できるようになっています。ただし、しっかりと稼ぐということですが、内容を理解しておかなければいけません。あまり理解していないうちに取引を開始してしまいますと、失敗してしまうこともあるのです。それは防げるリスクとも言えます。前もって知っておけばよろしいですので、その点は詳しく見ていかれるといいのではないでしょうか。ではFX取引で詳しく知っておくべき部分としましては、実は為替レートを見ていただければよくわかるのですが、二つものもが存在しているのではないでしょうか。1アメリカドルにつきまして85円55銭から85円72銭でしたり、1ユーロにつきまして110円43銭から110円65銭といったような表示が、経済ニュースなどで観られるのではないでしょうか。なぜそのように二つともとれるようなレートがしめされるのかを、不思議に思っている方も少なくはないのではないでしょうか。以上の二つあるレートなのですが、実は買いのレートと売りのレートなのです。アメリカドルで見ていきますが、買う時は1ドルあたり85円72銭という高いレートで購入をします。一方で売る時には、85円55銭という低いレートで売るようになっているのです。そのように売り買いで対応されるレートに違いがあります。

ですので、二つのレートがしめされているというものになっているのです。取引をしていく時には直接的に関わってくるものになっていますので、しっかりと理解して取引をする時にいかしていかれるべきでしょう。そのような二つある為替レートなのですが、売り価格の事をビットといいます。また買い価格の事をアスクといいます。初心者の方はそこまでは知らなくてもよろしいかもしれませんが、ある程度取引を行っていきますと嫌でも覚えていきますので大丈夫です。そして上記した二つの差についてなのですが、いわゆるスプレッドというようなことが言われています。これがFX業者の手数料といわれるものになっているのです。その差が大きければ大きいほど取引では損になるということが分かるでしょう。上記した例では差を示すために少し大きめに表示しました。

しかし実際にはそのスプレッドはもう少し狭くなっていますので、安心なさるとよろしいのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)