FXにおいて、手法の弱点をカバーする方法

為替を対象にした投資であるFXにおいて、闇雲にギャンブルをするのではなく基本的な手法に基づいてトレードをする場合には主に4つの方法があります。まず一つ目は高金利通貨を利用して長期保有するスワップ狙い。もうひとつは細かいトレードを繰りかえしてゆくスキャルピング、そして中期のトレンドを狙って、トレードするスイングトレード。最後はトレンドに乗って利益を重ねてゆくトレンドフォローです。ただ、この全てにおいて、それぞれに弱点があります。まあ、弱点の無い完璧な方法があれば、負けることはなくなるので当然なのですが。

ということで、それぞれのFXにおける手法の弱点をカバーする方法を、紹介してみようと思います。まずは長期スワップですが弱点として長期で持つので大きな為替変動が起こる可能性があることと、スワップが大きいとはいえ、20パーセントなど一定の成果を挙げる為にはどうしてもポジションを大きく持つ必要があること、最後に世界情勢でスワップ金利が変る事となります。この弱点をカバーするには基本的に大きなポジションを持つので為替変動で年間のスワップくらいの差益が出た時は決済してその一年はもうやらないことです。さらに、許容範囲で損切りを入れておく事です。他にも、定率法でポジションを持つという方法でもカバーできるでしょう。次に紹介したいのがスキャルピングですね。弱点は逆に行くと損切りのほうが多くなってしまう事です。これをカバーするにはしっかりとテクニカル手法を勉強する事と、ポジションを持ち越さないことです。テクニカルは心理状態を研究したものであり、瞬間的なファンダメンタル以外では大きくそれ続けることは無いです。ですから、確かなルーツに基づいて淡々と続けることが弱点をカバーする事につながります。

そしてスイングですが、これはレバレッジを小さくして多少の逆の値動きにも絶えられるようにする事と、中長期的なファンダメンタルをちゃんと把握しておく事でかなりカバーできるでしょう。一度の利益がスキャルピングより多いので行って期間でつかまったポジションを解消するというのも、弱点のカバーとしては効果的でしょう。最後にトレンドフォローですが、弱点は価値の確立が低くなるので自信が持てないなどのメンタル面ですね。ですから、トレードルールをセミナーなどで得たら、まずはデモで行い、確立としては負けが多くても一度の勝ちで利益が取り戻せるという自信をつかんでしまう事です。そういった心持で信じられれば、きっと利益を上げ続けられるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)