勝ち続けるためのFXの基本法則

為替市場の中でも特に大きい市場は、株取引と違って一部の者の意向が反映されることはありません。これが例え、国であっても資金が足りないため市場操作することはできないのです。それ程市場規模が大きいのです。為替操作することは日本政府も行っていますが、日本単独ではほとんど効果がなく、世界中で協調して為替操作しない限り成功はしません。また、米国のFRBも市場をコントロールすることも出来ません。かつてグリーンスパン議長が、短期金利上げましたが、長期金利は低いまま上がらなかったのです。グリーンスパン議長はこれを「謎」と表現したが、その「謎」はミセス・ワタナベと呼ばれる日本の主婦FXトレーダーによるものだったのです。このようにFXは誰かの意向が反映されるということはなくなったのです。そのため、為替変動に一定の法則は存在しません。

しかし、fx 初心者で利益を上げ続ける法則は存在します。この法則は、ファンダメンタル分析・テクニカル分析のどちらにも通用し、長期・短期を問いません。利益を上げ続けているトレーダーは、法則を意識していようがいまいが必ずこれを利用しています。していなければ、遅かれ早かれ市場から退場させられている筈です。その法則の一つは、誰よりも早く最新情報を手に入れることです。テクニカル分析なら、新しい手法が見つかり利益を上げたとします。ですが、テクニカル分析の賞味期限は限られていて、直ぐに市場が変わってしまい儲けがでなくなるのです。利益を上げ始めると、その裏をかいて利益を上げようとするものが現れるからです。いつまで利益がでるか分かりません。

しかし、最新の情報をに目を光らせ情報をいち早く手に入れて、自分自身で精査分析して結論を出せれば市場に変化が訪れたことを理解できるでしょう。二つ目の法則は自分自身で分析するということです。他人から受け取った情報を鵜呑みにしてトレードすると、市場が変わったとに対応できないからです。それまで利益を上げ続けてきたトレード手法が、ある日を境に損失を出し続けます。何故そうなったのか、利益を上げ続けた理由が分かれば損失が出続ける理由も分かり、市場が変わった事が分かるのです。つまり、特定のトレード手法を捨てる時期がわかるのです。ウェブサイト・ブログ・有料メルマガで、どの通貨をどれだけ売買したら良いか、他人任せにしていないでしょうか。儲けを出している専業トレーダーからの情報を鵜呑みにしてはいないでしょうか。彼らのトレード手法を理解しているのなら、そのまま動いても損失は事前に自分自身で察知できるので問題ありません。しかし、知らないまま従っているのなら、利益を出している手法がいつの間にか損失を出し続けます。市場は常に変化するのですから。この二つの法則、すなわち情報はいち早く手に入れること、自分自身で考え行動することは、勝ち続けるための基本です。常に意識しておきたいものです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)