結婚式や飲み会などには二次会がつきものですが、そんな二次会を企画することになった場合は景品付きのビンゴゲーム大会などを催して、ぜひ盛り上げたいものです。今回は、その際の景品選びのポイントについて紹介していきたいと思います。まずは、年代別に喜ばれる景品をご紹介していきます。結婚式の二次会などは10歳以下のお子さんもいることが多いです。そんな時には、お菓子の詰め合わせがオススメです。チョコレートなど溶けやすいものは避けて日持ちするものを選びましょう。20代の方には、有名テーマパークのチケットがオススメです。ペアチケットなので、カップルやお子さんの居ないご夫婦にぴったりです。30~50代の方には、家電や商品券がオススメです。どの家庭にも合うような実用的なものを選びましょう。60代以上の方には、万歩計や血圧計などの健康用品が喜ばれるでしょう。

二次会の景品で、目玉になるものを紹介します。

二次会の景品には、目玉になるものを一つは入れたいものです。そんなときにおすすめのものをご紹介していきます。まずは、生活家電です。もうすでに持っているとしても、最新機種であれば貰うとうれしいです。価格を抑えるとしたら、電気ポットやアイロン、携帯充電用のモバイルバッテリーなどがオススメです。つぎに、旅行券です。テーマパークのペア入場券だけでは飛行機代やホテル代などがかかってしまうので、予算が許すのであれば旅行パックなどが理想的です。長期の休みが取りにくい業種の方だと使うのが難しくなってしまうので、慎重に選びましょう。最も無難なのは、やはりお取り寄せグルメのギフト券でしょう。お肉を食べない方、お魚を食べない方などもいらっしゃるので、数種類から選べるタイプであれば、どの方が受け取っても喜ばれることでしょう。

二次会の景品選びで注意すること

二次会の景品選びでは、注意することも多くあります。ここでは、3つのポイントを見ていきましょう。一つ目は、持ち帰りについてです。家電などは誰しも使えるのなので目玉商品として用意しがちですが、大型のものは持ち帰りが大変になってしまうこともあります。そのため、もし家電などを景品にするのであれば、軽くて小さめのものを選ぶか、後日送り届ける形にしましょう。二つ目は、高額な商品券です。商品券はどなたでも使えるので最も選びやすいですが、ある程度の地位がある方は受け取りたくないと思う方もいらっしゃるので、あまり額が大きくなりすぎないようにしましょう。三つ目は、ゲーム機やゲームソフトを用意する場合です。ゲーム機本体だけ、ゲームソフトだけ、となると単品では遊べないので、もし用意するのでしたら、本体とソフトをセットにすべきです。せっかく景品を用意するので上記のような凡ミスをしてしまわないよう気を付けましょう。