結婚式や同窓会などの大きなイベントごとがあると、二次会に参加することがあるでしょう。自分が参加する側なら楽しむだけで済むのですが、計画する側にとっては決めなくてはいけないことや準備するものなどが多くあります。特に二次会を楽しんでもらうためにいくつもの出し物を企画したりと大変です。出し物の定番と言えばビンゴがありますが、ビンゴを企画する側にとって大切なのは景品でしょう。景品が安すぎても行けないですし、高すぎても準備することが大変になります。また、用意した景品を受け取る側のことも考えて景品を選ばないといけないため、意外と景品選びも重要なのです。そこで、今回は二次会の景品に適したものをピックアップするので、用意する景品の参考としてどんなものがあるのか見ていきましょう。

参加者のニーズに適したものを選ぶ

まず重要なことは二次会に参加する人たちの年代や性別などに合わせた景品を用意することです。例えば男性がほとんどの二次会で、その景品に化粧品などを選んでも喜ばれることはまずありません。そんな事態にはならないように、参加者がもらってうれしいものというのを探しましょう。まず無難なものはお菓子や飲み物などもらっても困らないものというのは定番です。景品の目玉になることはありませんが、もらって困るという方も少ないものになります。また、ちょっとした商品券やクーポンなどを用意してみても、意外ともらう側としてはうれしい物だったりします。順位で決まったものを渡すのではなく、何等の景品はこの中から選べますといったように選択式にしておけば、参加者も自分が必要なものを選べて嬉しいでしょう。

その場に適した予算のものを用意しておく

二次会の景品などでもらえるものというのは意外と嬉しいものですが、逆に高級なものをもらってしまうと困るという方もいるでしょう。何万円もする家電や高級食材、旅行券などは二次会の場でもらう景品として豪華すぎるという問題もあります。街中のショッピングセンターでやっているようなキャンペーンなら素直にもらえるかもしれませんが、身内の集まりで行なう景品としては適さないことも多いです。そのため、豪華なものは用意しても良いですが実用的なもののほうが良いでしょう。例えば数万円のものだとしても、ゲーム機などであれば、子供が喜ぶという理由でもらってうれしい方もいます。そのようにいくら二次会を楽しんでもらおうと豪華な景品を用意するよりも、その場に適した程度の景品を用意したほうが二次会の盛り上がりというのも高まるのです。